タダシップの服用方法

タダシップは性行為の1~3時間前に、水やぬるま湯で飲みましょう。
効果がピークに達するまでに1~3時間の個人差が生じるので、初回服用時は少し早めに飲むのが肝心です。
効き目が半減期に到達するまでには半日程度かかるので、服用のタイミングが早まっても問題ありません。
用量は1日1回までと決まっており、次回の使用までは24時間の間隔を空けます。
きちんと間隔を空けて連続使用した場合、血中に残った有効成分により勃起を助ける効果が増すでしょう。
正しい用法と用量を守っていれば、長期に渡る使用も問題ありません。
また、服用時に使用する水分は、ミネラルウォーターが好ましいです。
少量のミネラルウォーターでタダシップを流し込むようにしてください。
あまり多量の水分を飲んでしまうと、タダシップの成分が薄まってしまう可能性があります。
服用と食事のタイミングは、基本的に食前でも食後でも構いません。
しかし食事の影響を全く受けないわけではないため、他のED治療薬と同様に空腹時に飲むのが望ましいです。
空腹時に服用すれば有効成分の吸収率を高めるだけでなく、胸やけや消化不良といった消化器系の副作用を抑えられます。
またアルコールの影響を受けにくいのも、これまでのED治療薬には無い画期的な利点です。
性行為の前にパートナーとアルコールや食事を楽しむのは至って自然な流れなので、ED治療薬を使っていることを知られたくないという人にも向いています。