ダイフルカンの概要

ダイフルカンはファイザー株式会社の提供するジフルカンのジェネリック薬品です。
有効成分であるフルコナゾールはカンジダ属やクリプトコッカス属に対して、強い抗真菌剤をあらわします。

服用することで血液や呼吸器、尿路や消化器などの真菌症治療し、骨髄移植をはじめとした造血幹細胞移植が原因の真菌感染症の予防にも使用されているでしょう。
つまりフルコナゾールは、感染症の原因になる真菌の細胞膜成分の合成を阻害し、真菌の増殖を抑制できるのです。

ダイフルカンは真菌による感染症の中でも、特に膣カンジダや水虫に効果があるでしょう。
カンジダ菌は健康な人の粘膜や皮膚にも一定数存在しており、何らかの原因により異常増殖すると膣カンジダを発症します。
10代~50代の5人に1人の女性が発症するとも言われており、デリケートゾーンのかゆみや白くぼろぼろとしたおりものが出るなどの症状が特徴です。
国内の臨床試験では、膣カンジダを発症した女性に対して28日間ダイフルカンを投与したところ、約8割の人が回復したという結果が出ています。

またカンジダは非常に再発しやすい疾患でもあり、症状が現れたら迅速に治療を始め、治療後も再発防止に努めなければなりません。
ここでもダイフルカンは活用されており、治療も予防もできる非常に優秀な医薬品なのです。
同時に塗り薬や膣錠と組み合わせて使用すると治療の効率化が図れるため、他の医薬品との併用も検討すると良いでしょう。